《みちあゆ》大阪で集いました!

「大阪道を歩み始めた人の集い」報告

IMG_1066

日時:2015年9月21日(月)13:00~16:00

場所:サクラファミリア

参加修道会:サレジオ会・神言会・大阪聖ヨゼフ宣教修道女会・援助マリア修道会・愛徳姉妹会

愛徳カルメル会・無原罪の聖母フランシスコ姉妹会

マリアの宣教者フランシスコ修道会・イエスのカリタス修道女会・援助修道会

計14名

スケジュール:

13:00    施設案内・自己紹介・オリエンテーション

13:30-14:10 分かち合い①「私たちの今」今立っている場所、見えている景色を分かち合う

14:10-14:20 休憩

14:20-15:10 分かち合い②「私たちのこれから」課題と歩む方向について

15:10-15:25 休憩

15:30-15:50 全体シェア

15:50-16:10 祈り

IMG_1061

 

「今」

それぞれの分かち合いを聞いていて、それぞれが幸せにみえる。もちろん、ホーム(自分のいるところ)とアウェイ(外に出ていくこと)の間での葛藤は感じている。世代間のギャップや異国の体験ののち、日本に帰ってきてからのギャップもある・・・

「青少年司牧」というが、「青少年」とはなんだろう。これも、世代によって考え方がちがう。いろんなアイディアがあっても、すべて実行できるわけではない。

とにかく、今、分かち合うことが出来て嬉しい。奉献生活という言葉は牧歌的だけれど、実際は仕事に追われている。

「これから」

さて、これから・・・。わたしたちは、国際的な共同体になっていきたい。国籍がちがっても、同じ、修道者である。超修道会との連携で、一緒に何かをやっていきたい。大きなことではなくても一緒にご飯を食べ、分かち合うようなことからでもいい。

召命が少ないと一般的に言われている。それはたしかのこと。だからこそ、超修道会で支え合いたい。そして、自分が置かれた場所で「しるし」となることが大切だ。「時代のしるし」となることで、新しい召命にもつながるのではないだろうか。

忙しい自分の毎日、そこに潜んでいる問題を見直したい。なぜなら、奉仕することそのものが、出会う人から力をいただくことでもあるから・・・。若い人たちと関わるということは、まず、現実を知ることではないか。ほんとうの意味で、深い意味で、日頃の関わりを大切にしたい。そして、こうして集っている同世代の会員で、分かち合える場をつくっていこう。

IMG_1068

 

 

広告

《みちあゆ》大阪で集いました!」への1件のフィードバック

  1. 初めてお会いしても、初めてではないような。
    それはやっぱりイエス・キリストによって結ばれているから
    なのでしょうね。
    共に奉献生活を歩んでいるみなさんに出会い、力と励ましを
    いただきました。
    ありがとうございます!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中